記事上部アドセンス

綾部市

【綾部工業団地交流プラザ】世界的建築家、安藤忠雄の建築物が独占出来る!?寄生獣のロケ地にもなった穴場のスポット!《綾部市》

みゆぞー

こんにちは、みゆぞーです。奥京都在住、田舎の暮らしをお届けします(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーリンク

Sponsored Link

綾部市にある、

綾部工業団地交流プラザ

 

みゆぞー
は〜、めっちゃ好きな雰囲気✨

無機質なコンクリートと自然が調和するこの建物は、安藤忠雄氏が設計した建築物。

ほぼ人も来なくて、この景色を独り占めできてしまうという最高な場所✨

 

綾部工業団地は、136.4ha.の土地に20社が進出してて、工業団地といってもかなり閑静な場所!

 

どういう施設?

 

交流プラザは、市民の研修や交流、文化・レクリエーション活動等の拠点施設として建設されたもの😆

建物全体は、

  • エントランスホール
  • ホワイエ
  • 多目的ホール
  • 会議室
  • 事務室

で構成されてて、多目的ホールは最多で100名収容できるから研修に使われたりする🤔

 

 

自分が初めて来たのは3年前くらい前。この多目的ホールで説明会があって、仕事で訪問したんやけどその時は安藤忠雄建築なんて全く知らず🤭

ただの研修施設やと思ってたから、「えっ、何この建物すごくない?!」ってかなりワクワク😂

池に囲まれててコンクリートで仕切られててカッコ良い雰囲気に明らかに普通の建物じゃないなって印象を受けた記憶が、、☺️

(しかも真冬やったから池の水が全部凍ってて、そこにもテンション上がってた。笑)

 

散策にも!

建物の外部は、それ自体が回遊式の散策路になってて、エントランスへのプロムナードに沿って芝生広場が広がってた🥺

 

みゆぞー
建物の周りはこんなに緑でいっぱい!散歩しても気持ち良い😎

この日はちょっと風が強かったからあれやけど、池の水面に建物が映り込むようになってるからリフレクション好きなカメラマンにもオススメしたい場所☺️

 

建物の中へ進む道

建物の中に入るには入場料が必要なわけでもないから自由に出入りできるのが嬉しい😊

入り口はこちらの看板に沿って進んでいくと、、

ここが入り口。

やっぱすごい雰囲気!建物のギリギリまで池があるけど大雨降って増水したりしても大丈夫なんかな?と思ってしまった笑

 

映画「寄生獣のロケ地」

2014年に公開された『寄生獣』は、山崎貴監督による漫画実写化映画。染谷将太主演😆

みゆぞー
実はその映画のロケ地として使用されたのがこの綾部工業団地交流プラザ!

Amazonprimeでどの辺やったか確認したら、36分22秒からのシーンで使われてた☺︎

 

建物が映し出されたかと思えば、いきなり人が食べられてるシーンから始まるからグロ注意?(とはいっても肉片とか映ってるわけじゃないからそんなグロくはない)

 

建物入ってすぐのこの写真の場所で、パラサイト・田宮良子(深津絵里)と謎の転校生・島田秀雄(東出昌大)が話してるシーンが撮影されてた☺︎

 

その他の安藤忠雄建築(京都)

安藤忠雄建築は他にもたくさんあるけど、京都にある他の建物も調べてみたら以下の場所にあった!

  • 高瀬川沿いにある「タイムズ」
  • 大山崎町にある「アサヒビール大山崎山荘美術館」
  • 中京区福長町にある「俄ビル」
  • 京丹後市久美浜町にある「森の中の家 安野光雅館」
  • 左京区下鴨半木町にある絵画庭園、「京都府立陶板名画の庭」

 

北部には久美浜にあるのは有名やけど、綾部のここは隠れ安藤忠雄スポットやな🤭

 

2つの彫刻

最後に、この建物の周りには彫刻もあって

「空(くう)にかける階段' 96-IX」

「水の星座」

っていう2つの彫刻もあるからそこも要チェックなんやけど、写真撮るの忘れてたからどんなのか気になる方は綾部工業団地交流プラザのHPにてご確認を(ृ   ु *`ω、)ु ⋆゜

 

⇩綾部工業団地交流プラザのHPはこちら⇩

http://www.ayabe-kougyou.sakura.ne.jp/praza.html

 

みゆぞー
都会にあったらもっと観光地化してるやろから、ゆっくり楽しめるのは田舎ならではやな〜😂

綾部市民以外にはそんなに知られてない場所っぽいから穴場やしオススメ✨

 

 

施設情報

【住所】京都府綾部市とよさか町4番地

【電話番号】0773-43-1236

 

ブログ内検索ワード

綾部景色 綾部観光

ブログ村りんく

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

記事下の広告

© 2021 奥京都ぱんだ Powered by AFFINGER5