記事上部アドセンス

亀岡市

【谷性寺&ききょうの里】6、7月が見頃!明智光秀の首塚が祀られたお寺。明智家の家紋である桔梗の花5万株!《亀岡市》

みゆぞー

こんにちは、みゆぞーです。奥京都在住、田舎の暮らしをお届けします(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーリンク

Sponsored Link

 

亀岡市にある、

谷性寺こくしょうじ&ききょうの里

 

平安時代からあるらしい、不動明王が本尊のお寺✨

みゆぞー
通称「光秀寺」

光秀の家紋の桔梗が初夏に咲き乱れるから「桔梗寺」とも呼ばれてるみたい🤔明智光秀ゆかりのお寺として知られる✨

 

 

首塚

境内には幕末に建てられた光秀の首塚が!

 

山崎の戦いに敗れ坂本城へと逃れる際に襲われて落命した光秀の首を溝尾庄兵衛が近臣に託して、この谷性寺へ運んだ説がある

 

光秀はこのお寺の不動明王を信仰してたそうで、本能寺へ向かう前にもここで

「一殺多生の降魔の剣を授け給え」

って誓願したそうな。。

 

(看板に書いてあった↓)

ききょうの里

初夏になると「丹波かめおか光秀物語 ききょうの里」っていう花畑がお寺の門前に出現(*´﹃`*)

 

毎年桔梗が咲くのは6月下旬から7月末!

2021年は6月27日〜7月25日までオープン

 

 

みゆぞー
あんまり桔梗の花って見たことなかかったけど、紫だけじゃなくて白い桔梗も見られて良かった✨紫陽花も一緒に楽しみたいなら6月やけど、桔梗は7月の中旬くらいが見頃やと思う!

 

星形に咲く桔梗の花が綺麗やし、繊細な感じがする🙄

 

ききょうの里を歩いてると、光秀の馬上像を発見!ナポレオンみたい。笑

 

入園料について

 

入園料は、600円。

このききょうの里がオープンしてる時期は、谷性寺を拝観するのにも入園料を払わんと見れんようになってる🤔

花畑は谷性寺の後方にも広がってるから、そこを見ないまま引き返すともったいないから注意!

光秀に思いを馳せながら巡るのも良いな(´,,•ω•,,)

 

観光地情報

 

【住所】京都府亀岡市宮前町猪倉土山39
【電話番号】0771-26-2054

【ききょうの里開催期間】毎年6月中旬〜7月下旬
【開園時間】AM9時〜PM5時
【入園料】600円

ブログ内検索ワード

亀岡景色 亀岡お寺 亀岡寺 亀岡明智光秀 亀岡花 亀岡撮影

ブログ村りんく

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

記事下の広告

© 2021 奥京都ぱんだ Powered by AFFINGER5