京丹波町

【玉雲寺】超穴場の紅葉スポット!明智光秀ゆかりの小さなお寺《京丹波町》

京丹波町にある、

玉雲寺ぎょくうんじ

 

みゆぞー
紅葉の時期に訪れるのが圧倒的おすすめ!な、穴場のお寺✨

場所は丹波ICの近く✨琴滝に向かう途中にあって、滝見寺と呼ばれている京丹波町の名勝🙌

 

見事な石階段

到着すると、まず初めに迎えてくれるのはこの石階段🍁

  

撮影日:2022年11月24日(木)

みゆぞー
真っ赤な散り紅葉が綺麗〜✨

この石階段はこのお寺の一番の秋の見どころ😆

今年は結構いい時期に来れたっぽい(*´﹃`*)

(実はこのお寺に来たのは3回目。1番綺麗やった。)

 

お寺に着くと、高齢のマダムたちがこの階段の下で、

マダムたち

まあ〜期待以上に綺麗〜!

って声をあげながら携帯で写真をパシャパシャ。笑

その後も入れ替わり立ち替わり人が訪れてたけど高齢の方ばっかりで、多分近場から来られた方がほとんどかな?って感じやった😆

楼門

石垣の上に楼門前。

本堂

楼門をくぐると1番最初に正面に飛び込んでくるのは桁裄五間・入母屋造・銅板葺の本堂。

 

狭い境内ながら、建物の配置がシンプルですっきりとした印象。

境内も綺麗〜に紅葉してる🍁

人がほとんどいないせいかかなり静寂な雰囲気で、ここはホンマに穴場のお寺やな〜としみじみ✨

みゆぞー
地面をアップして撮ったら、まさに紅葉の絨毯🍁

 

お寺の歴史

玉雲寺が創建されたのは、応永23年(1416年)で、曹洞宗の禅寺。

玉雲寺は町指定文化財に指定されてて、寺そのものが美術工芸品なんだそうな。

 

明智光秀によって焼失

かつては玉雲寺はこの付近にある滝壷のすぐそばに建ってたけど、天正7年(1579年)に織田信長の命による明智光秀の市森城攻撃で建物から宝物までそのほとんどが焼失。

その後、明智光秀は梵清禅氏の道徳を尊重し、天正8年に再興。境内を1500メートル西南に移転し、現在の玉雲寺に。

 

みゆぞー
明智光秀、自分で火を放ったのに自分で再興したのか..

 

光秀の位牌も祭られててるし、明智光秀の古文状や亀岡城主代々の書物等も残っているとのことで、思っていた以上にがっつりと明智光秀ゆかりの地..!

みゆぞー
明智光秀の話は、以前こちらの住職とお話する機会があって教えてもらったもの☺️

 

訪問時間のおすすめ

訪問したのは平日のお昼やけど、、平日でも入れ替わり立ち替わり人が来られてたから、土日に行くならば人の少ない早朝を狙うのが良いかも?

お寺の奥にある琴滝

お寺からもうちょっと山奥に進むと、高さ約43mの滝あり。

【琴滝】一枚岩を流れる滝!雨が上がった後にカメラを持っていきたいスポット《京丹波町》

続きを見る

 

まとめ

紅葉を仰ぐその佇まいは風情の塊で、小さいけど趣きあるお寺にめっちゃ癒された✨

みゆぞー
紅葉と滝をセットで楽しめるなんて、フォトグラファーには特に絶好のお出かけスポット(*´﹃`*)

 

 

お寺詳細

【名前】玉雲寺(ぎょくうんじ)

【住所】京都府船井郡京丹波町市森滝見9

【拝観料】無料

【電話番号】0771-82-0628

 

京丹波町観光協会HP

ブログ内検索ワード

京丹波お寺 京丹波観光 京丹波紅葉

家具

広告

長い広告

インスタでは、動画でお店をチェックできます! \フォローお願いします✨/

Instagramはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みゆぞー

京都の福知山で生まれ福知山で育った、ソロ活大好き人間。 ▶︎2017年10月より、インスタグラムにて京都北部の5市2町(京丹後市・宮津市・伊根町・与謝野町・舞鶴市・福知山市・綾部市)のグルメやスポットの紹介を開始し、現在のインスタグラムフォロワー数は1.6万。 ▶︎福知山市より「#いがいと福知山フォトグラファー」・森の京都DMOより「Tabiインフルエンサー」に任命される。 各自治体主催のインスタグラムセミナー講師等も行う。