記事上部アドセンス

与謝野町

【ヤマノウエ食堂】マイナスイオンたっぷり!2021年リニューアルオープンした“かや山の家”でジビエランチ!《与謝野町》

みゆぞー

こんにちは、みゆぞーです。奥京都在住、田舎の暮らしをお届けします(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーリンク

Sponsored Link

与謝野町にある、ゲストハウス「かや山の家」の中にある、

ヤマノウエ食堂

「かや山の家」があるのは大江山の中腹、標高158メートルの場所にあって、まさに天空の宿🙌

みゆぞー
ここで食べられる地元のジビエを使ったランチが今人気!

自然を感じながらゆったりした時間を過ごせる空間は老若男女にオススメできる✨

そもそも「かや山の家」って?

1978年に開設され、2009年に町が譲り受けた施設。学校の林間学校やスポーツ合宿等に使われていたが、利用者の減少や建物の老朽化で運営が厳しくなり、区が運営からの撤退を表明。

2017年に㈱かや山の家運営委員会が立ち上がり、2021年2月には町が施設の大規模改修を行ってリニューアル。棚田でのキャンプなど地元の資源を活用した体験メニュー等、色々できるよう整備された。

 

緑が見える心地よい店内

靴を脱いで、スリッパでお店の中に入ると飛び込んでくる緑の風景✨

みゆぞー
どの席に座っても外の緑が見えて、自然と共存してるような空気感が最高。

木の温かみリラックスできてめっちゃ良い(*´﹃`*)

ランチメニュー

宿泊してなくてもランチだけ食べに行けるってことで、お昼時に訪問🥳

ランチの営業は毎週水・木・金・土曜のみ!午前11時~午後2時(ラストオーダー)

メニューは日によって色々と変わっていくそうやけど、主にジビエ料理が中心(´,,•ω•,,)

 

メイン料理が選べる、「ヤマノウエ定食」は具だくさんのみそ汁と副菜もついて1,100円✨

この日選べたのは下記のメイン料理↓

  • 鹿肉のロースト
  • 鹿肉のソーセージ
  • 穴子のフリット
  • 茄子と鹿ミンチのカレー

 

鹿肉のロースト

運ばれてきたのがこちら💁‍♀️

副菜と具沢山味噌汁がついて1,100円てかなりコスパ良くないですか..?

みゆぞー
鹿肉のローストもうんまーい!🥺

全然臭みなくて噛むほどに旨味が出てくる✨ジビエ苦手な人でもこれはジビエの概念変わるかも!?

 

鹿肉のソーセージ

こっちは鹿肉のソーセージ!

地元産野菜もたっぷりで見た目も綺麗(*´∇`*)

一口サイズにカットされてるから食べやすいし、濃いめの味付けソーセージが美味しかった😊

 

大江山で捕獲されたジビエ

ジビエって、秋冬シーズンのイメージやけど夏とかはどうするんやろ?

と思って尋ねたら、与謝野町では年間1千頭以上の鹿やイノシシが有害駆除されてて、通年ジビエを提供できるんだそう✨

リニューアルした際に、物置だったところを捕獲された鹿やイノシシを解体する加工施設を新たに整備したから、大江山のジビエを提供することができるようになったんだとか😆

 

スイーツ

デザートには豆乳のブリュレを🥳

パリパリの表面を破ってすくって食べると豆乳の風味が口一杯に広がる🤗いや〜、ホンマに最高。

わんこ連れもOK

テラス席ではわんこと一緒にランチもできるみたい(*´꒳`*)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ももみかん(@megu01momi)がシェアした投稿

 

かや山の家

最後に、かや山の家で出来ることをちょっと紹介しておく✍️

宿泊について(カッコ内は小学生以下料金)

  • 素泊まり 5,500円(4,400)
  • 朝食付き 6,600円(5,500円)
  • 2食付き 11,000円(7,700円)
  • 仲間とBBQ

宿泊客はBBQ設備が無料で使用可能。食材は持ち込みOK!

  • 選べるキャンプ

棚田でテントを張る本格アウトドア派から、
室内テントのゆるキャン派まで、小さなお子様連れでも安心◎

  • 各種体験

火を起こしてご飯を炊く昔ながらの釜炊きや静かな工房で好きな物を作る陶芸体験など。

 

もっと詳しくは、かや山の家のホームページをどうぞ🙏

 

与謝野町の地域資源を活用して地域の交流の拠点となってる感じで、すごく良いところやった👏

みゆぞー
こんなに自然感じられる食堂はなかなかないんちゃうかな〜🌿

平日でも続々とお客さん来てたし、与謝野のホットスポット✨

 

店舗情報

【住所】京都府与謝郡与謝野町字温江1401

【定休日】日曜日~火曜日

【営業時間】AM 11時~PM2時

【電話番号】0772-43-0860

【駐車場】あり(施設内無料駐車場・約15台)

 

Instagramはこちら

ブログ村りんく

© 2022 奥京都ぱんだ Powered by AFFINGER5