宮津市

【まだ名もなきレモネード】宮津でレモン栽培!?若手レモン農家が作る、週末レモネード《宮津市》

インフィード広告

 

宮津市でキッチンカーでレモネードを販売してる、

まだ、名もなきレモネード

 

 

みゆぞー
寒冷地では栽培が難しいとされる果物、レモン🍋

なんと宮津市でレモン栽培をするという挑戦をされているのをご存じだろうか😆

宮津でレモン栽培

レモンの有名産地といえば、温暖な気候の瀬戸内。

その瀬戸内のレモン農家のもとへ何度も通い、栽培方法を学んでいるのは2021年3月に宮津市にUターンした男性。耕作放棄地になってた宮津市の日筆地区でレモン畑を作り、収穫を見据えてブランド「百章」も設立。

なぜ、名もなきレモネード?

安定した量が収穫ができるまで約3年。その期間にもレモンの魅力や活動を知ってもらいたいと、まだ名もない状態でレモネード屋をオープン。

みゆぞー
ってことは、いずれは名前がつくんかな?🤔

 

間借り店舗からキッチンカー営業へ

2021年5月からミップルにある「スペースハマカゼ」にて間借り店舗としてスタートしてたけど、2022年1月からは、キッチンカーでの営業を開始🙌🍋

キッチンカーは自分たちで塗ったり、壁紙を張り替えたそう✨

現在販売してるレモネードは、師匠から仕入れたノーワックス、ノー防腐剤の皮まで安心して食べられる国産レモンで作ったレモネード🍋

 

いつ、どこで買える?

現在は土・日・祝が営業日🙌

AM10時〜PM5時まで宮津市まごころ市前で出されてて、イベントがあるときはキッチンカーで赴いてるそう😆

出店情報はお店のInstagram参照🙌

 

みゆぞー
存在は前から知ってたけど、たまたまイベントで遭遇(*´﹃`*)

 

レモネードメニュー

  • Mサイズ→500円
  • Lサイズ→600円

レモネードの特徴

🍋国産レモン使用
🍋レモンの皮と宮津産ハチミツを使った自家製シロップ
🍋最後にレモンの果肉をトッピング

 

レモネードの感想

アイスとホットを選べたけど、アイスを注文🧊

一番上にレモンの果肉、底には自家製シロップがたまってるから、上は酸っぱく、下にいくほど甘いという構造。

よくあるレモネードを想像してたけど、ストローで吸うたびに大きなレモンの果肉が入ってきて、ジューシー(*´﹃`*)

みゆぞー
飲むというより食べてるに近い、新感覚レモネード!

 

ホットレモネードも!

 

HOTレモネードは、通常のレモネードに
さらに蜂蜜をプラス!

天然蜂蜜

レモネードに使っている蜂蜜は、宮津の栗田産・安達養蜂のもの🙆‍♀️キッチンカーでも販売されてた✨

 

みゆぞー
まだ名もなきレモネードに、これからどんな名前がついていくのか楽しみ!(ृ   ु *`ω、)ु ⋆゜

 

詳細

【場 所】京都府宮津市まごころ市前or各イベント会場

【営業日】 土日祝

【営業時間】AN10時〜PM5時

Sponsored Link

広告

長い広告

インスタでは、動画でお店をチェックできます! \フォローお願いします✨/

Instagramはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みゆぞー

京都の福知山で生まれ福知山で育った、ソロ活大好き人間。 ▶︎2017年10月より、インスタグラムにて京都北部の5市2町(京丹後市・宮津市・伊根町・与謝野町・舞鶴市・福知山市・綾部市)のグルメやスポットの紹介を開始し、現在のインスタグラムフォロワー数は1.6万。 ▶︎福知山市より「#いがいと福知山フォトグラファー」・森の京都DMOより「Tabiインフルエンサー」に任命される。 各自治体主催のインスタグラムセミナー講師等も行う。

注目の記事

1

目次1.魚里(うおり)店舗情報2.漁師小 ...